Sight from Language Games
日常的な事柄を政治経済、社会学的に分析してみるブログです。 もちろんこれらに正解はありません。 一つの物の見方ということで、 「こういう風にも考えられるんだ」 っていうのをお伝えできれば、と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例題:サッカーの反則
よくサッカーの中継を見てると、解説者とかが
「今のは、ファールですよねえ」とか、
「オフサイドじゃないでしょう」とか言いますよね。

例えば、AとBというチームが対戦していて、Bの最終ラインの内側にAの選手が、二人、それぞれパサーとレシーバーがいたとします。
そこで、パサーがパスを出した後に、レシーバーが最終ラインを抜け出て、パスを受け取ったときに、審判がオフサイドをとったとします。
そこで、解説者が言うわけです、「今のは、オフサイドじゃない」と。

これって、良く考えると不思議です。
この解説者は、何が反則なのか、ここではオフサイド(良く分からない方は、そういう反則があるってことで十分です)にしますが、ある行為がそれにあたる、あるいはあたらないとしているわけです。
こういうことを解説者が言えるためには、彼にとって客観的にオフサイドっていう反則がある、ということになります。
これは普通に聞こえます。
だって、後でビデオを巻き戻した映像があって、パスが出た瞬間に、相手の最終ラインと受け手の位置を比べれば、はっきりわかるわけですから。

でも、いくら解説者がわめいたところで、オフサイドじゃなくなったりしませんよね。
その行為は、やっぱりオフサイドなのです。審判がオフサイドといったら、オフサイドなのです。
つまり、オフサイドという反則が成立するには、審判がオフサイドかどうかを判定する、ということと、それとは別にプレイヤー達が審判に従う、という別のルールが含まれるわけです。
解説者が何を言ったところで、判定には影響を与えませんし、彼がオフサイドを認めないということは、審判に従わないということです。
解説者である彼には審判に従う義務はないわけですから、別にかまいません。彼は退場になったりしないのです。

さて、ここでの小結は、オフサイドという一つのルールが、現実に反則として試合に影響を与えるには、審判自身の判断と、その審判に従う、つまり権威という別のルールが必要、という当たり前のことになりました。これはハートの法理学です。
続きは、この見方(ハート法理学)とビデオ判定の導入議論の関係を分析してみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://languejeu.blog15.fc2.com/tb.php/1-83a68c47
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。